Profile
Category Archives
Monthly Archives
Links
Back to Index
Powered by
Movable Type 3.34
05/Jul/2011
61式戦車8型 [M61A8]
Trackback
このエントリーのトラックバックURL:
http://cross-fire.mods.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/73
Comments

待ってましたー。
次は61式ですか、腕が鳴りますね。ガンダム世界の武装は基本高火力なのでどんな防御力があろうと、ポンポン吹っ飛ぶと思いますね。でも61式の13.2ミリ機関砲M60じゃ流石に厳しいっすよ。

さて、実は最近タブレット買って静画ですが応援イラスト投稿始めました!といってもまだ使い始めて3週間、少しずつ鍛錬しながら応援しようかと思います。

Posted by アッキー : 06/Jul/2011 00:48

いつも応援ありがとうございます。
矛と盾の関係はいつも矛が有利ですが、メガ粒子砲なんてシロモノがある時点でガンダム世界は火力過剰ですよね。
61式の機銃はパブリクの補助装備と一緒でゲーム的に欲しかった武器ですw
MS相手にゃ豆鉄砲もいいとこですね。つか与ダメ数百の装備を欲しがるプレイヤーって…。

応援イラスト拝見しました。ありがとうございます。
やっぱセイバーフィッシュは青塗装ですよね。エンブレム作った時は混ぜたけど。
ワイバーンやコア・イージーも同じ塗装ですが、連邦オフィシャルな塗装パターンなんでしょうか。
現代の国連軍の白塗装や水色ヘルメット的な。

Posted by 猫屋誠一郎 : 06/Jul/2011 23:44

更新お疲れ様です!
61式戦車は、ガンタンクを作るためにほぼ全てと言っていいくらいのプレーヤーが使うユニットだと思いますが、
思ったより強いんですよねw Gジェネのように相手の射程外から攻撃を命中させ、相手の近接を華麗に回避。
なんてことができれば、ほんと先輩さんの言うとおりだったんでしょうけれどね。

ザクから見た戦車の柔らかさは、アーマードコアの戦車くらいなのかもしれませんね。
あれをさらにすばしっこく動かしたらそれっぽくなるのかもw 油断してるとゴリゴリAP削られるのも似てるのかもw

機銃は欲しいですよねw 使わなくても欲しいw
ゲーム的にはあった場合、AIだとMSの格闘に反撃しまくって生存率が落ちちゃったりしそうですがw

欧州撤退戦も楽しみにしてます! それでは!

Posted by ウルカナス : 12/Jul/2011 20:37

いつもありがとうございます。

Gジェネの61式とセイバーフィッシュが予想以上に優秀なので、攻略では大いに助かっています。
もう少し性能が低ければ、攻略はもっと難航したでしょうね。
開始当初はまさか、61式がCV軍のMS相手にあそこまで一方的に戦えるとは思ってもいませんでしたw

基本的に戦車の正面装甲は、自分の砲から撃った砲弾は耐えるようにできている…と思っています。
なので、61式もザクマシンガンは正面から受ければ充分耐えれると思うんですが、
やはりトップアタックとなれば難しいのでしょうね。
機銃はゲーム中でセイバーフィッシュやホバトラを動かしていると、意外に使う場面が多いです。
ミリ残りのトドメを刺したり、死角から撃ってテンション下げたり。
あれば便利なんですが、確かにCOMには扱いづらい物かもしれませんw

次回はやはり盆前ぐらいになりそうです。
気長にお待ちいただければ幸いです。

Posted by 猫屋誠一郎 : 16/Jul/2011 12:56

どうも、初めまして、いつも動画を見指さしていただいています。
元陸自のアマギといいます。
61の装甲で120ミリザクマシンガンが防げても、衝撃で中の乗員がやばいのではないでしょうか?
陸自時代に対戦の曹長に聞いた話だと、貫通できなくてもぶち当てれば、衝撃で戦闘不能になるらしいです。
実際90の試験でもゼロ距離数発に耐えきった車両の中のんんぎょうは・・・な姿だったらしいので。
あとはケプラーで内部を覆わないと破片でやばいってんもあるらしいですし。
あと、リジーナの回を対戦の先輩3曹に見せたときは対戦車戦闘はこんな感じと、よくできてるって感想を言ってました。
長文を長々、失礼いたしました。

Posted by アマギ : 07/Aug/2011 00:43

初めまして、アマギさん。

90式の耐弾実験の話はよく聞きますね。
戦車は耐えたけど内部の豚が穴という穴から血ィ噴出して死んでたとか何とか。
乗ってる身としてはぞっとしない話ですね。怖ぇえー。
演習とかでATMやRPG、戦車砲で死んだ時に自分が実際どうなったか、なんてあまり想像したくはありません。

宇宙世紀の耐弾・耐衝撃技術がどこまで進歩してるかは詳細不明です。
ただ、劇中でMSパイロット達が大口径の実体弾をバカスカ被弾しても結構平気そうにしているのを見るに、
少なくともMSのコックピットに関しては、ノーマルスーツやリニアシート等の技術で
かなりの衝撃からもパイロットを保護できてるようです。
それらの技術が通常兵器にフィードバックできるかどうかは怪しいですが、
少なくとも現代の第3世代MBT(90式、エイブラムス等)とは比較にならないレベルで乗員が保護されてる、と思っています。

まぁ、そもそももって「通常兵器でMS・MAに勝つ」というデタラメな話を描くにあたって、
嘘でもいいからそれっぽく味付けしてみよう、というコンセプトなので、生暖かい目で見ていただければ幸いです。

IGLOO2の泥臭い戦闘…特に1、2話は非常に参考になりますね。
MSという兵器が現代に存在せず、自分で見た事がない以上、
実際に戦闘しているシーンを元に想像するのが一番手っ取り早いですから。

コメントありがとうございます。今後ともどうか応援よろしくお願いします。

Posted by 猫屋誠一郎 : 07/Aug/2011 23:22

話題が古いけど、イフィッシュ落下に関して最後の分裂は内部に水爆を仕掛けた連邦兵の活躍によるものという、中々面白い考え方を書いた漫画、機動戦士ガンダム宇宙のイシュタムとかかなりいい作品ですよー。
 個人的には連邦の本気が見られるいい作品です。

Posted by kataparuto : 31/Aug/2011 02:04

初めまして、kataparutoさん。
宇宙のイシュタム、早速読んでみました。絵で食わず嫌いしてたのが勿体無いと思えます。
漫画版08の方はどうも好きになれなかったのですが、また印象が変わりました。
そうそう、こういう連邦兵描いた作品が読みたかったんですよ。熱いなーコイツら。
良い作品を教えてくれてありがとうございます。

Posted by 猫屋誠一郎 : 04/Sep/2011 14:10


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)