Profile
Category Archives
Monthly Archives
Links
Back to Index
Powered by
Movable Type 3.34
13/Oct/2011
欧州撤退戦 3
Trackback
このエントリーのトラックバックURL:
http://cross-fire.mods.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/76
Comments

おもしれぇ……。
いやぁ良かったです。とても良かったです。グイグイ読ませられました、気持ちいいです。
やっぱり、おかしなことをしていない、というか読んでいて「ん?」ってならないからなんでしょうね。
猫屋さんの見せたい戦場を、これからもっと見たいと思います。

IGLOOの曲は外れないですよね~。ニコニコにあった、IGLOO本編映像に重ねられた時空のたもとと夢轍はほんと泣けました。
そしてこの曲も。撤収作業中に流すというのは泣かす気満々かこのやろうと思っちゃいそうですけれどw

市街戦では、こんなに躍動するファンファン初めて見ましたw ファンファンといえば赤いズゴックに突撃するものでしたが、えらく格好いいw
あんだけ浮けるホバークラフト(クラフト?)とかどんな動きするんでしょうね。

少佐とニキさんの無表情の応酬ですか。その場に居合わせたくないですねぇ。柱の影から覗き見したい気はしますがw 
苛立ちを抑え現状に耐え、やり込めるための材料を準備し、チャンスを逃さず仕留める。強い人ですニキさん。正直部下にしたくないですw 同僚なら諸手を上げて大歓迎ですがw ああでも、部下のニキさんを自由に動かさせて、「責任は取る!」とかいうのもいいなぁ……。

で、ハルやんが出ましたね! 彼らしく地味な登場ですw 使っているといつの間にかゴリゴリ成長して、あっという間に1.5線級くらいになってくれるハルやん。今後の出番が楽しみです。

擬音を使わないっていうのは気持ちわかりますねー。擬音を使ってしまうと、なんというか『それ』に決まってしまってもったいない気がしてしまうんですよね。
擬音を使う時以上に読む人に感じてもらうには、描写を豊かにしないといけないので悩みどころですが。

長々と書いてしまいましたごめんなさい。前編中編と感想書けずじまいでしたので……。

こちらの方も動画のほうも、続きはいつも楽しみにしてます。無理をしたりせず、一番作りたいものを作れることを祈っています。
時々こうして音沙汰をくれるので安心して待てますし、こちらはご心配なく! それでは!

Posted by ウルカナス : 14/Oct/2011 23:58

いつも応援ありがとうございます。
好き勝手書けるのは書いてる側としては非常に気楽です。やりたい事をやれるってのはやっぱ良い。

歌、音楽と兵隊というのは本当に切り離せないもので、キツい状況な時ほど少しでも娯楽は欲しいものです。
音楽が聴けるって事は本当に救いになるし、一緒の歌を歌うって行為は思ってる以上に団結力を高めます。
「フルメタル・ジャケット」のランニングのシーンみたいなの、実際やるとヤケクソになるくらいテンション上がりますw

ハルやんは当初テイラー小隊の戦車操縦手にしようと思ってたんですが、
それだと更に影が薄くなったので、も少し動かしやすいポジションに異動ですw後編-2ではもう少し目立つ予定。

物書きとしては自分は素人かつ下手の横好きなので、
こうした方がいいとかここは変だとかあれば、遠慮なくご指摘頂ければと思います。
動画の紙芝居の方にもフィードバックされる、かも。がんばります。

Posted by 猫屋誠一郎 : 15/Oct/2011 22:14

はじめまして。今更ながらこちらの存在に気付き一気読みさせていただきました。
F91編のテイラー隊はニキ姉さんスキーには堪らなかったので、こちらの欧州撤退戦もいっそ終戦まで読んでいたい気分です。

ところでザクvs61式の市街地戦というと、PS2ジオニックフロントでビルの陰に潜んだ61式に僚機があっさり撃破されたことを思い出すのは自分だけでしょうか…。
あんな感じでこのテイラー隊を相手にしたら、と思うとゾッとします。

動画共々更新を楽しみにしておりますー。

Posted by semolina : 30/Nov/2011 19:03

初めまして、semolinaさん。コメントありがとうございます。

ニキ姐さんは人気ありますね。能力も高いので今後も活躍してくれると思います。
最近のGジェネだとオリキャラにプロフィール的なモノが付加されてるとの事で、
「おい、○○はそんなキャラじゃねーよ」と思う方も居るでしょうから悩ましいです。
こんなニキ姐さんもアリかな、と思って頂ければ幸いです。

リアルさ(?)で有名なジオフロ。小説版でもエイガー率いる戦車隊や自走砲部隊が活躍してましたね。
エイガーはマドロックに乗らずウチの部隊に来て欲しかった人材でした。

牛歩更新はこっちも同じですが、今後も頑張りますのでよろしくお願いします。

Posted by 猫屋誠一郎 : 04/Dec/2011 21:40


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)